スパイファミリー

スパイファミリーネタバレ47話/8巻!ヨルが強すぎてドン引きw

遠藤達哉先生の【SPY×FAMILY】がめちゃくちゃ面白すぎて大好きです!

訳あって

◆スパイ
◆殺し屋
◆超能力者

が本当の自分を隠して家族として暮らしていく…そんなストーリー。

このページでは
漫画【SPY×FAMILY】47話/8巻のネタバレ感想をお伝えしていきますよ!

スポンサーリンク

スパイファミリーネタバレ47話/8巻あらすじ!

>>U-NEXTなら実質無料でスパイファミリーが読める!
(!) 無料トライアル登録で600円分のポイントがもらえる!(!)

46話はこちら>>スパイファミリーネタバレ46話/8巻!いばら姫の店長が強すぎるw

コンコンコン

「部長さん…?」

ノックの音が静かに響きます。

ヨルはドアに近づき、のぞき窓から外の様子を確認しました。

外には食事と飲み物をワゴンに乗せ、穏やかな笑みを湛えた礼儀正しそうなウエイターが一人。

「ルームサービスでした」

ヨルはほっとして、オルカに見えたものを伝えました。

「……」
「頼んでないわ」

(゚Д゚ノ)ノ

チャッ

するとドアの外から、何かの引き金の音が…!!

ヨルは素早く反応し、オルカを抱きかかえて壁の死角に飛び込む…!!

キュンキュン!!
キュンキュン!!

ドア越しに複数の銃弾が撃ち込まれてきました!

先ほどまでヨルとオルカが立っていた場所はハチの巣状態…

寝ていたグラムは騒動に目を覚まし、大泣きしてしまいました。

冷徹な表情になったウエイターが次の銃弾をセットし、ドアノブに手を伸ばそうとしたその時!

ドッ
ドッ

鈍い音を立てて、ウエイターの両手にダーツの矢が突き刺さります!!

部長と夫役のグレイがすぐそこまで来ていました。

バーから拝借してきたダーツの矢を、部長が投げて男を制止したのです!

(部長さん…!!)

ヨルは走ってくる足音で部長に気づきました!

ウエイターの狙いは部屋の中のヨル達から部長に代わり、銃を向けてきました。

怖気付いたグレイが踵を返し、逃げようとした瞬間!

ギュルッ

鋭利な先端の棒状の武器が、周囲の空気を巻き込み…

ズドン!!!!!

物凄いスピードでドアを貫通し、さらにはウエイターの男の頭を貫き…!

男を壁に貼り付けにしてしまいました。

「赤ちゃんがいるのに発砲しないでください」

ぷんすか状態のヨルが、愛用の武器を思いっきり投げていたのでしたヽ(゚Д゚)ノ

「ワォ…」

グレイは青ざめ、さすがの部長さんも何も言えず…

ボーちゃん
ボーちゃん
本当に呼吸するの忘れる迫力だった、漫画なのにw

即死のウエイターを部屋に運び、毛布にくるみながら部長が見聞きしてきたことをヨルに伝えました。

8053号室の放棄、そして予備として押さえていた二等客室への避難。

一刻を争う事態となっていました。

亡命船とのランデブーはまだまだ先。

ここで騒ぎを起こしたら緊急事態として船が引き返す可能性があり、亡命計画そのものが失敗してしまいます。

『穏便に済ませるために、死体をすぐに隠蔽処理できない場合は、なるべく戦闘を避ける』

簡単そうに聞こえますが、殺気満々の見えない複数の敵との闘い。

ヨル達に緊張が走りました。

部長さんから変装用のマスクを受け取り、一足先に別室へ移動するヨルとオルカとグレイ。

部長さんは一人残り、8053号室の後始末のためゲストサービスに電話をかけました。

ザ…

『ノックマントの通信が途絶えた』
『8053号室の<シャティ>が標的で間違いない』
『オレが聞いた女の声も含めて最小で3人だ』

「…護衛か」

大きな船に複数ある甲板の一つに、複数の人、人、人…

盗聴器の男から、一人の男に無線で連絡が入りました。

「護衛についているのがもし<ガーデン>の奴だったら一筋縄じゃ行かない」
「協力プレーといかないか みんな」

体格も、服装も、性別も、年齢もバラバラな異様な人だかり。

一つだけ共通しているのは『殺し屋』であるという事でした。

「仲間同士での争いは禁止」
「賞金は山分け」
「情報は常に共有すること」

無線を受けていた男が、他の殺し屋たちに提案していました。

「メンドクセーな?」
「赤子連れの女を片っぱしから殺していけば早えーだろ」
「ケケケ」
「ケ…?」

いやらしい笑みを浮かべていた男は、一瞬にして絶命しました。

「殺人鬼と殺し屋を一緒にするな」

殺し屋たちの『お得意様』も多数乗船していたため、無駄な騒ぎはNGだという約束も追加されました。

そして男は盗聴器の男に、些細な事でも報告するように念を押し。

「ネタは公平に売っている」
「他の連中に出し抜かれないよう せいぜいがんばるんだな」

急ぎ足で廊下を歩くヨル達。

部長から受け取った<マスク>は<マスク>と言えども<仮面>…(笑)

余計に目立たないか心配するグレイに、ヨルはラウンジで仮面舞踏会が開かれているから大丈夫だと告げました。

そして。

「たぶん私たち尾けられてます」

ヨルは移動先を悟られる前に、ラウンジの人ごみに紛れて撹乱することを考えていました。

とりあえず何事も無くラウンジに到着し、ほっとしたのも束の間。

ピィイィィン……

ラウンジに足を踏み入れた瞬間、人ごみの中に感じる『殺気…!!!』

(来る…!!)
(こんな人混みのなかで…!?)

騒ぎで亡命中止になることだけは、何としてでも避けなければなりません。

するとヨルはグレイのスーツからボタンを一つ拝借。

静かに辺りに気を張り巡らせます。

少し離れた場所に、グラスを片手にソファーに腰掛け、様子を伺っている男がいました。

指に仕込んだ致死性の毒針を持ってヨル達に近づこうと立ち上がった瞬間。

ぐりん

ヨルは敵の位置を正確に捉え、無機質な顔がその姿を見定めました!!

ビシュッ

ヨルが投げたグレイのスーツのボタンは、ボタンにあるまじきスピードで一直線に飛んでいき…

スコ―――――――ン!!

ボタンは男の顎を正確に掠め脳震盪を起こさせ、元居たソファーに逆戻りさせたのです!

「ふ――――っ セーフです」

無機質な表情からは打って変わって、安堵するヨル。

こっこ
こっこ
ヤバい、強すぎる!かっこいい!

「あん?何が?」
「ボタン返して?」

近くにいたグレイでさえ、『何か』が起こった事には気づいていません。

見張っていた男も何が起きたのかと不思議に思いつつ、一人の大男に連絡を入れていました。

『黒髪はおそらく護衛だ!』
『死角から金髪(オルガ)を狙え!』

ラウンジのダンスフロアの人混みをかき分けヨル達は先を急ぎます。

そしてオルガに狙いを定め迫ってくる大男!!

パシッ

ヨルはオルガに向かって伸ばしてきた男の手を握りました。

「あ…あら ダンスのお誘いですか…?」
「すみません私 あまり上手に踊れませんし」

傍から見ればまるでダンスをしているかのように、くるん・ひらんと華麗に身を捌きつつ、ヨルは男をオルガから遠ざけますが…

男がヨルから手を離そうとしますが、いくら力を入れても離れませんw

「私こう見えても人妻なので…」
「こういうの困ります」

ベギベギベギッ…!!!!

ヨルは男の掌を握りつぶし、男が痛みを感じる間もなく顎に一撃を加え、気絶させて近くの椅子に沈めました!

『急いで下へ!』
『商業区(プロムナード)を抜ければ二等エリアです!』

ヨルはオルガとグレイの元に戻り、先を急ぎます…!

一方で第四デッキ ショッピングプロムナード――――

バッグ、アクセサリー、食料品に雑貨。

この区画には多種多様な店がずらっと並んでいます。

「ちち―――」
「あーにゃ この ほねほねの きーほるだーほしい!」
「まじでいらん」

食事を終えたアーニャとロイドは、部屋に戻る道中にウインドウショッピング。

「ほしい ほしい ほしい!!」

船旅とは何の関係もない『ほねほねのキーホルダー』に惹かれてしまったアーニャがジタバタジタバタw

ロイドはアーニャの駄々っ子を塩対応しつつも、さすがは一流諜報員♡

あちこちに仕掛けられた盗聴器に気づいていました。

(当然と言えば当然か)

今回のクルーズ船には、支配層やセレブが多数乗船していました。

盗聴器の一つや二つあっても仕方がない。

ロイドは乗客に混じる保安局員や怪しげな連中達にも気づいていたのです。

しかし!

今は絶賛<休暇という名の任務中>!!!

関わらないように大人しくしとこう、と心に誓っていました。

が。

「ほしい ほしい ほしいったら ほしい!!」

床に寝ころび、ジタバタし、マンガで見るような(マンガですが)駄々っ子を繰り返すアーニャ。

アーニャといる限り、静かに大人しく出来るはずがない!(笑)

「買ってあげたらいいのに」
「かわいー」

ロイドは周囲の注目に気づき、自分の対応を振り返ります。

(普通の親は買うのか?!買わんのか?!)
(だってこれ、どう見てもいらんだろ!!)

保安局員に身バレするのを防ぐことと、普通の親として『ほねほねのキーホルダー』の是非について、頭の中がぐっちゃぐちゃw

ロイドは至極真面目に、大いに悩み始めました。

(選択を誤れば死の危険が…!!)
(ああああああああ…)

ボーちゃん
ボーちゃん
真面目過ぎて笑えるw

「…やっぱいらなくて だいじょぶ」

駄々をこねていたアーニャは、真面目過ぎるロイドに申し訳なくなるのでした(笑)

パチチッ

その時、アーニャに他人の真っ黒な感情が流れ込んできます!!!

『殺ってやる…』
『騒ぎを起こすな?知ったことか』
『この鎖鎌使いのバーナビー 狙った獲物は必ず刈り取る…!!』

スーツに身を包んだ、ひげ面の大男がアーニャのすぐ近くを通り過ぎて行きました。

『傍受した話によれば黒髪の女が手練れの護衛』
『まずはこの女からだ』

様子を伺っていたアーニャが見たものは、こちらに向かってきているヨル達でした!

『はは!?』
『あのころしや ここで ははと ばとるしようとしてる…!?』

アーニャの妄想展開炸裂!

『くらえ くさりがま!!』

鎖につながれたガマガエルがビヨーン!(爆)

『カエルいやぁ―――』
『ヨ…ヨルさん カエルがきらいなころしやだったのか…!!』
『わかれよう フォージャーけは おしまいだ…』

やばいやばいやばい!!!そんなことになったらどうしよう!!!

勝手な妄想に青ざめるアーニャ!

焦るアーニャに、何かを悟ったかのようなロイドが近づいてきました。

「…おれが悪かったよアーニャ…」
「この骨を買って帰ろう この船旅の大切な思い出だ」
(普通の父)キラキラ
(良き父)キラキラ

イケメンスマイル炸裂のロイド、キラキラが眩しい(*´ω`*)

「「「「そんなのどうでもいい――――!!」」」」
「「「「こっちくんな――――!!!」」」

ええええええッ?!?!(゚Д゚ノ)ノ

ロイド、ビックリ!

ははのバトルをちちに見せるわけには行かない!

アーニャは目玉が飛び出るくらいの必死の形相でロイドを威嚇しました!

ヨルと鎖鎌使いのバーナビー…!!

その距離が縮まっていく…!!

>>U-NEXTなら実質無料でスパイファミリーが読める!
(!) 無料トライアル登録で600円分のポイントがもらえる!(!)

スパイファミリーネタバレ48話/8巻!ロイドが衝撃の姿で現れヤバい!遠藤達哉先生の【SPY×FAMILY】がめちゃくちゃ面白すぎて大好きです! 訳あって ◆スパイ ◆殺し屋 ◆超能力者...

スパイファミリーネタバレ47話/8巻の感想!

前回に引き続き、緊迫した状況が続いてます。

今回はヨルの戦闘スキルの一片がたくさん見ることが出来ました。

解ってはいましたが、ヨル…強いですね~!

ヤバすぎです。

ボーちゃん
ボーちゃん
ボタンってあんな危ないものだったの…(笑)

そして、殺し屋の数が想像以上に居た事にも驚きです!

ロイドは関わらないようにしていますが、そのうちヨルの気配に気付いてしまったりしないのでしょうかね!?

アーニャが必死に阻止しようとしているので回避できそうな気もしますが、私としてははやく絡んで協力プレイをしてほしい!!

かなり無敵になるのではないでしょうか。

ってかやっぱりヨルってガーデンの一員なんですよね?

あんなにおっとりした性格で…すごすぎます。

あと、良き父を演じるロイドが面白すぎました。

シリアスの中に散りばめられる笑いにほっこりです。

アーニャ可愛い!

続きが気になる~!

>>U-NEXTなら実質無料でスパイファミリーが読める!
(!) 無料トライアル登録で600円分のポイントがもらえる!(!)

>>スパイファミリーネタバレ48話/8巻!ロイドが衝撃の姿で現れヤバい!

スポンサーリンク

まとめ!

スパイファミリー47話/8巻ネタバレ感想についてお伝えしました!

俄然面白くなってきた~!48話が早く読みたい!

ではでは。

スパイファミリー無料で読む方法は?U-NEXTならアニメも見れる!遠藤達哉先生の【SPY×FAMILY】がめちゃくちゃ面白すぎてハマっています! 訳あって ◆スパイ ◆殺し屋 ◆超能...
スパイファミリー8巻ネタバレ!ヨルの戦闘とロイドの行動がヤバい!遠藤達哉先生の【SPY×FAMILY】がめちゃくちゃ面白すぎて大好きです! 訳あって ◆スパイ ◆殺し屋 ◆超能力者...
スパイファミリーのアーニャがかわいい!能力や身長は?【画像】遠藤達哉先生の【SPY×FAMILY】がめちゃくちゃ面白すぎて大好きです! 訳あって ◆スパイ ◆殺し屋 ◆超能力者...
スポンサーリンク